ダイエットと運動


このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

ダイエットを考える場合、絶対に欠かせないことは、カロリーの出入りを管理することにあるでしょう。これができないと、いつまでたっても痩せることはできません。単純に考えれば、運動をして消費したら、補給する分を減らします。これの繰り返しによって、ダイエットは進んでいきますが、どうしてもうまくいかなくなりますが、これは消費のコントロールがうまくいかないからです。

筋トレフィットネスクラブなどでダイエットを進めるのは、脂肪の燃焼を高められるところにポイントがあります。代謝を高めながら、脂肪を燃焼させていけば、体重は減っていくことになりますが、ただ運動をしても意味がありません。有酸素運動を繰り返していくことはメリットがありますが、体が痩せやすい状況を作らなければ、リバウンドに悩むことになるでしょう。そのポイントが筋トレにあります。

フィットネスクラブでは、さまざまな機器があるため、筋トレもスムーズにできるようになっています。エアロビやヨーガ、水泳といったトレーニングも組み合わせていけるでしょう。有酸素運動で脂肪の燃焼を進めるだけではなく、トレーニング機器で筋肉量を増加させていけば、確実に痩せやすい体ができあがっていくため、効果をあげられます。

 

筋肉を増やす

痩せた身体比較フィットネスクラブで筋トレをするというのは、筋肉量を増やせるのがポイントです。しかし、運動をしたから筋肉が増えるというわけではなく、増える環境を作り、摂取した栄養で筋肉が作られるところが重要です。ダイエットを考える場合にも、食事制限なくして成り立たないのは、こうした部分もあるでしょう。いくらカロリーを消費しても、その分補給してしまえば減らないというところもあります。

筋肉が増えると、なぜ痩せていくかといえば、筋肉は脂肪を燃焼させてエネルギーに変えます。筋肉量があれば、エネルギーの消費は必然的に上がり、一定以上の消費が望めるようになるでしょう。ここに、摂取カロリーを減らせることがつながれば、体重は必然的に減っていきます。有酸素運動だけを繰り返していても、痩せない体ができてしまうのは、消費する部分がないからです。どんな理論的な運動をしても、筋肉をつけていくことにはかないません。

だからといって、フィットネスクラブで筋トレをダイエットに取り入れても、いきなりすごい筋肉がついて体系が変わるといったことは起きません。しっかりと計算してつくりあげていかなければ、そうした肉体は手に入れることができませんので、体系が変わってしまうような心配はないといっていいでしょう。